委員会の紹介


■ 委員会活動方針・活動計画


国際奉仕委員会
委 員 長:
副委員長:
杉本 一博
青木 史仁


◆ 基本方針
 ロータリーの精神である「奉仕の理想」により結ばれた事業を行い、ロータリアンとしての誇りを持ち、世界平和に貢献できる国際社会の一員としての自覚を忘れることなく行動する。
◆ 活動計画
1. 地区国際ファンド委員会の行うプロジェクト事業へ協力する。
2. 国際理解を深める為のゲストを招聘して国際理解を深める。(年4回程度)
3. 地元よりの短期留学生派遣の為の支援。


職業奉仕委員会
委 員 長:
副委員長:
稲田 玲子
嶋村  晃


◆ 活動方針
 ロータリーにおける職業奉仕とは「あなたの職業を通じて他人を助ける事」。職業奉仕委員会の役割とは「会員に職業奉仕をしてもらうための指導激励機関です。」各会員が地域のリーダーとして責任と自覚を持ち自らの職業を通じて社会に貢献し奉仕できるように努めます。
◆ 活動計画
1. 職場訪問
2. 職業奉仕月間に専門的スピーチの要請:1月
3. プログラム委員会と連携を取り会員によるスピーチ (自己の職業について)


社会奉仕委員会
委 員 長:
副委員長:
白木 久雄
山川 博之


◆ 基本方針
 ロータリークラブにおける社会奉仕活動とは、ロータリアンの全てがその個人生活、ロータリー活動において奉仕の理想を適用することを奨励、実践することである。原則として、地域社会に密着した活動を基本とします。
◆ 活動計画
1) 環境保全委員会と協力して美化ゾーン例会開催(年4回)
2) 犬のふん公害キャンペーンへの協力
3) 四万十川一斉清掃への協力(年2回)
4) 全国交通安全週間への協力(年2回春・秋)
5) 四万十川ウルトラマラソンへの協力(10月16日開催予定)
6) 福祉施設訪問 わかふじ園でのもちつき(12月11日予定)
7) アオとの交流戦 ソフトボール交流戦(5月予定)
8) NPO法人なかまの会への支援(軒先設置)
9) 地区補助金活動への協力


環境保全委員会
委 員 長:
副委員長:
東  邦彦
山本  徹


◆ 基本方針
 四万十川の清流保全活動の基本となっている美化ゾーン例会を継続し、環境保全の意識を高める。
他のゾーンにおける環境保全活動にも積極的に取り組んでいく。
◆ 活動計画
1) 美化ゾーン例会を4回実施する
  国土交通省中村河川国道事務所主管のマイリバー四万十「Together」
  に美化ゾーン例会で参加し、清掃活動報告書を提出する。
2) 四万十川一斉清掃、「愛犬のフン害防止運動」等の参加
3) 「シマントモリモリ団」など他団体の環境保全活動への協力と参加


青少年奉仕委員会
委 員 長:
副委員長:
加持 誠司
永冨 達也


◆ 基本方針
 昨今では青少年の健全育成にとって、心や体を鍛える為の負荷がかからない深刻な事態となっている。
 リスクを恐れるあまり過保護になってしまい、青少年期に必要な体験活動、そして地域との繋がりの希薄化と共に、「本物」を見る機会が少なくなり、そのノウハウも継承されなくなってきている。このような現況に鑑み、その一助となるべく以下の取組みを行う。
◆ 活動計画
1) ロータリー少年少女キャンプへの参加募集と支援
2) 小中学校生参加の子供議会(市議会)の開催
3) 青少年スポーツ活動への支援
4) 地区補助金事業「どんぐりの植樹」で青少年に体験学習をしてもらう
5) 「食育」への取組み
6) インターアクトクラブ提唱へ努力する


野球同好会委員会
委 員 長:
副委員長:
一藤 勝之
弘内 英一郎


◆ 基本方針
 野球を通じて全国のロータリアンと親睦を図りロータリーの良さと野球の楽しさを伝え、会員の増強を図る。
◆ 活動計画
1) ガバナー杯、選抜野球大会への支援及び参加
2) 通勤寮との親睦ソフトボール大会の支援と参加
3) 各委員会への支援と参加
 ※ガバナー杯:10月22〜23日 (高松南RC:レグザムスタジアム他)
 ※選抜野球大会:11月12〜13日 (三重県 熊野RC:くまのスタジアム他)


ロータリー財団委員会
委 員 長:
補助金担当:
年次寄付担当:
明神 三幸
田辺  豊
山本  徹


◆ 基本方針
 ロータリー財団の最大の活動はポリオの撲滅など世界の人々の健康状態の改善、教育支援、貧困の救済などの活動を通じて、世界理解、親善、平和を達成する事です。
 その為の財源の支援をメンバーの皆様にお願いいたします。
◆ 活動計画
@ 財団の活動、寄付金の運用等の説明をし、財団に対しての理解を深めていただく
A 100万ドルの食事例会を毎月行う
B グローバル補助金、地区補助金を活用して、地域の為の活動を進めていく
C 全員100ドルの達成を目標とする


米山記念奨学委員会
委 員 長:
副委員長:
福原 紀夫
松倉 光利


◆ 基本方針
 ロータリー米山記念奨学会は、勉学、研究を志し日本に在留している外国人留学生に対して、全国のロータリアンからの寄付金を財源として奨学金を支給し、将来国際社会で活躍し、ロータリー活動のよき理解者となる人材を育成し、支援する国際奨学事業です。
 奉仕事業に御理解いただき、普通・特別寄付のご協力を宜しくお願い致します。
◆ 活動計画
   高知県内の米山奨学生に「奨学生卓話訪問」を例会(3クラブ合同例会)で行う。


SAA
会場監督:
にこにこ委員会:
大塚 和助
稲田 玲子・東  邦彦


◆ 基本方針
 秩序ある楽しい例会場づくりに努める。また、会長、幹事、親睦委員長、プログラム委員長と連携し、例会がスムーズに運ばれるようにする。
◆ 活動計画
1)自由席、指定席を設ける
2)ニコニコは委員会が発表する
3)ゲストに対するおもてなし


会     計
委 員 長: 大杉 幸雄


 本クラブの理事会によって作成された予算について、本委員会は年度初めよりたずさわる事になるが、クラブの運営は財政面がきちっとされている事が条件の1つとなる。会計は資金の厳格な保管、記帳、受け入れ、支払い、会計報告の作成、予算編成の調整等、事業に伴う資金の執行を適正に処理をする。
 その為にクラブ幹事、各委員長と常に連絡を密にし、円滑なる運営に支障のない様に協力、実行する。


クラブ奉仕委員会
委 員 長: 松田  基


◆ 基本方針
各委員会の活動が、より円滑で活気あふれる様になるように努める。

1) 理事会との連携を図りながら、各委員会の事業に積極的に参加する。
2) 親睦活動と会員増強、退会防止を重点目標とする。
3) 昨年度から今年、また来年度に向けての継続事業が円滑に運ぶように努める。


会員増強委員会
委 員 長:
副委員長:
松倉 光利
高見 恭平


◆ 基本方針

 会員増強において特に重要なのは、会員を維持することです。会員の満足度を高めるために、関心や希望について定期的に意見を聞き、クラブ同好会を会員維持の絆にしていく。
 さらに会員増強において、ロータリーの活動内容をわかりやすく説明し、引き続き若い世代の入会を推し進める。



会員選考委員会
委 員 長:
副委員長:
福原 紀夫
小松 昭二


◆ 基本方針
推薦された人物について

 1.社会的、職業的に異存がないか。
 2.協調性があり、寛容と友愛の精神に希望が持てるか
 3.例会出席義務の認識(例会に出席できるか)

以上、会員増強委員会と同認識を確認し、その決定を理事会に報告します。



職業分類委員会
委 員 長:
副委員長:
安岡  明
杉本 一博  


◆ 基本方針
 地域で職業人として信頼され、当クラブでロータリアンとして活躍が期待される人物の入会を求めていく。又必要に応じて職業分類の見直しや補正を行う。
 会員増強委員会、会員選考委員会と連携を取りながら会員の充実に努める。


出席委員会
委 員 長:
副委員長:
一藤 勝之
門田 勝利


◆ 基本方針
 例会出席はロータリーの原点であり、会員の義務である。
 「毎週水曜日は例会」を合言葉に出席率の向上に努める。
◆ 活動計画
1)入会時、情報委員会と連携し、出席の重要性と出席規定の周知徹底を図る。
2)無断欠席をなくす。欠席する場合は、必ず一報を。
3)積極的なメークアップを推奨。
4)年間皆勤出席者の表彰


親睦委員会
委 員 長:
副委員長:
中島 茂樹
青木 史仁


◆ 基本方針
「親睦こそロータリー」を信条とし、会員相互はもとより家族・他クラブ会員との親睦を深めることのできる環境づくりに努力する。またその他各委員会の奉仕活動、レクレーション及び社交的活動への会員参加を推奨する。
◆ 活動計画
1. 例会場での積極的な親睦活動
2. 来訪者の案内と歓迎
(プログラム委員会と連携し、ゲスト例会はタスキ着用)
3. 家庭集会の実施 (3回/年)9月・11月・4月
4. 新年会の実施 平成29年1月11日(水)
5. 家族レクリエーションの実施(1月:家族新年会、8月:花火大会)
6. 新入会員の歓迎会(会員入会後1ヶ月以内を目処に開催)
7. 厄除け・長寿等のお祝い事の主催(平成29年1月25日(水))
8. 他クラブとの親睦活動(5クラブ合同ゴルフコンペ等)
9. 夜間例会後の親睦活動
10. その他、親睦委員会が協力すべき行事・各活動への積極参加


プログラム委員会
委 員 長:
副委員長:
田辺  豊
川村 公彦


◆ 基本方針
 会員同士が一層深く知り合い、親睦が深まり、広く各業界や地域社会を知るプログラムを企画し、魅力ある例会づくりをする。
◆ 活動方針
 

1.クラブ運営に関する事を優先して行う。
2.ゲストによるスピーチ
 会員から例会で「ぜひこの方にスピーチを!」って方がいれば紹介をして頂きスピーチしてもらう。
3.新入会員によるスピーチ
 新入会員入会後、早期に新入会員スピーチをしてもらう。
4.会員によるスピーチ
 ロータリー月間等に併せて各委員長と連絡を取り、会員にロータリー月間に合ったテーマで10分間程度の会員スピーチをしてもらう。

      「会員の皆様のご協力をお願いします。」



ロータリー情報委員会
委 員 長:
副委員長:
大塚 和助
一藤 勝之


◆ 活動方針

ロータリーに関する情報を提供し、ロータリーに対する理解を深めていただく様に努める。

◆ 情報委員会の開催
 新入会員入会後、早期に委員会を開き、ロータリーの規約、組織、運営など基本的な情報を提供し、親睦を深め、退会防止に努めてゆく。


会報委員会
委 員 長:
副委員長:
永木  寛
加持 誠司


◆ 基本方針
 会報を通じて、活動内容をわかりやすく報告することで、会員同士の相互理解と認識統一を図ります。また、外部に向けても情報公開し、本クラブの存在意義を周知していきます。
◆ 活動計画
・例会の記録
・プログラムの予定、各委員会の活動計画を告知
・会員の慶事の報告


広報・IT委員会
委 員 長:
副委員長:
永冨 達也
畔元 眞司


◆ 基本方針
 ロータリーへの理解、そのプログラムへの協力、支援、そしてロータリーの価値観を広報により、地域と社会に伝える。
◆ 活動計画
@ 会員にRIホームページの拝読を促す
A クラブ活動内容をメディアを利用しアピールする
B 当クラブのホームページにクラブの活動等を掲載する


雑誌委員会
委 員 長:
副委員長:
佐竹 義典
遠近  巖


◆ 基本方針
 「ロータリーの友」は、最も身近にある情報源です。これを活用することにより(クラブの活性化)(楽しいロータリー活動)が生まれると考えます。
そのためには会員が「ロータリーの友」に関心を持ち、読んでいただくことが大切です。
◆ 活動計画
1) 例会にて会員に「ロータリーの友」の中で関心のある記事の紹介をお願いする。
2) 会員の皆様へ「ロータリーの友」への投稿(写真、記事、俳句等)の依頼をする。



もどる  
 
Copyright Rotary Club of Nakamura All Rights Reserved.